大学に行く理由

大学とはいったい何なのであろうかと思うことがあります。
人々は様々な目的を持って大学受験します。
単純に高校を卒業してまだ働きたくないと思う人もいますし、特にやることがないから、とりあえず大学に行こうと思ってる人、大学に入学してもっともっと知識を吸収したいと好奇心に満ち溢れてる人、あるいは就職するには大学を出ていた方が有利と思ってる人、国家試験では大学卒業が一次試験免除の条件だったりするので、資格のため大学を卒業したいと思ってる人など理由を上げたらきりがないですが、受験生は千差万別の思いを持って大学受験に臨みます。
上記の大学に行く理由の中で、「就職するには大学を出たほうが有利と思っている人」と書きましたが、今現在新卒採用者だけでなく中途採用だとしても、大学卒業してることが条件となっていることが多いです。
メガバンクなどでは、出身大学で採用枠が決まっています。
そして最初の配属でもスタートラインが違ってきます。
メガバンクの話は極端ですが、このように就職には学歴が影響することが多いので、やることが決まってないから大学に行こうと思って大学に行くことは、目的を見つけたとき何時でも目的に向かっていけるので、意味のないことではありません。
このように大学とは人生の選択肢増やしてくれるものなので、大学受験は人生の中で物凄く大事なことだと思います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 大学受験の説明及び受験において成功するために必要なこと All Rights Reserved.