合格するためには

まずは、高校での模試などで各大学の合格判定が出ます。
その上で、合格判定がよくなるように勉強に励むことです。
判定が良い場合はさらに上を目指し、そうでない場合はよくなるように努力します。
具体的には誤答した問題を重点的に復習することです。
誤答した問題を放置してしまうと非常に勿体ないです。
基本をまず抑えることが重要であるため、すべての基本問題を完璧にすべくその都度復習します。
その上でもう1度、自分で模試に挑戦してみることも大事です。
そして基本から応用へと徐々に問題を難しくすることが重要です。
また、周りの成績に一喜一憂しないことも重要です。
高校2年次の後半には、部活等もあわり勉強に励む人々は多くなります。
そのため、模試の平均点は上がり、自分の点数は下がっていなくても順位で下がることもあります。
しかし、それでめげずに復習をし続けられるかどうかで成績に表れます。
大学受験は自分自身の努力によって左右します。
またその復習も量ではなく質で解く必要があります。
すべて復習ではなく、先述した通りに自分の苦手な箇所を得意に変えることが必要です。
これは大学受験に限らず、その後の大学での勉強にも使える方法です。
その意味でも大学受験も持つ意味は大きいです。
これを誓いすることによって合格への道を開くことができます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 大学受験の説明及び受験において成功するために必要なこと All Rights Reserved.