センター試験の詳しい内容について

基本的に大学受験では、偏差値等で決めます。
しかし、それだけではなく受験校の入試科目によっても選び方は様々です。
私立の場合、基本的に国語、英語、地歴です。
しかし、地歴の部分は数学に変更できる大学もあります。
国立や公立の場合はセンター試験での受験で、国語、数学、英語、理科に加え地歴か公民を受験するというシステムが大半です。
センター試験ですから、全国で一斉に行われます。
その為、偏差値等で国立や私立は基準点があり、それを満たしているかどうかで合格かどうかを判定するため、受験校を選ぶ際には注意が必要です。
また、私立大学をセンター試験で受けるということも可能です。
私立大学においてまずセンター受験方式を採用しているかどうかを確認します。
受験の際には、合否判定において、各私立大学の定めるセンター試験での合格基準点数を満たしたかどうかで分かれます。
また受験科目も私立大学独自の受験の際の上記の3科目に加え数学や理科等を必須としている大学も多いので、センター方式で私立大学を受験する際には私立大学独自試験と異なることをよく認識する必要があります。
またセンター方式での合格人数は独自試験よりも総じて低い場合が多いので、倍率も自然と高くなります。
しかし、センター試験での受験は、国立も公立も私立も一緒に複数の大学を受験できるという点で利点です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 大学受験の説明及び受験において成功するために必要なこと All Rights Reserved.