受験勉強について

大まかの進路が決まったら、本腰を入れて勉強を始められると思います。
けれど、大学受験に出る範囲の問題は高校までの勉強の総決算。
それだけの勉強をしなければいけません。
英語の勉強を例にとると、まず英語は単語がわからないと、英文の意味がわかりません。
現在大学入試は長文問題の比重が多いですが基本となる単語を知っていれば、わからない単語が出てきても文脈・文章全体から類推して、読むことができますが、基本となる単語がわかっていないと、全く何が書かれているのかわからなくなります。
また構文ががわかっていないと、単語だけわかっていても、正確に理解することは不可能です。
この二つを勉強してある程度理解してやっと、英語の長文問題が読めるようになります。
けれど、英語の長文問題では、読んで大まかな意味を掴むだけでなく、制限時間内に読むスピードまで求められます。
そのためには毎日英文に接し、英語の力を養わないといけません。
英語を例にとりましたが、これだけのことを受験当日までにやらないといけないので、大学受験とは厳しいものです。
それ故に進路が明確化する前から、英語なら英単語のように、その教科の骨組みとなる勉強は、早くから始めないと、受験当日までに勉強が間に合わなくなってしまいます。
これだけのことを受験生に求めるのであります。

    人気ランキング

  • 中国語学習で一番難しいとされるピンインの発音や中国の文学を扱ったコースなど多彩なコースが魅力の中国語教室が池袋にあります。Only語学塾では中国語を勉強したい方に、本国で教職経験のある講師が指導してくれ、自分のレベルに合わせた教材や進み方を選択できるので是非おすすめです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 大学受験の説明及び受験において成功するために必要なこと All Rights Reserved.