センター試験以外の受験方法について

大学受験はセンター試験以外にもAO試験、推薦試験などがあります。
AO試験とは、簡単に言うと受験者の人格を問われる試験です。
どのように人格を問うのかというと、面接や論文などです。
各高等学校においてAO試験を実施している大学のAO試験枠があるかどうかの確認が必要です。
高校によっては難関大学の枠が用意されている場合もあります。
まずその枠に当てはまるように、成績の面で基準単位数を取得していなければなりません。
枠に当てはまれば、その後は面接方式や論文方式に分かれます。
これを両方とも実施する大学もあります。
面接では、学校の求める人物像に合っているかどうかを確認していきます。
1回ではなく何度も行われるのが特徴です。
また、論文では、自由な課題を出題されます。
しかし、自分の意見をはっきりと主張することが大事です。
これは面接でも言えることで、きちんと自分の考えを持っている人物を大学は求めるからです。
そして何よりも大学で何を学びたいのか、学んだあとどのように将来に生かしていくのかを明確に答えられなければなりません。
次に推薦試験についてです。
推薦試験とは、高校から受験大学へ推薦するという方式です。
その為、高校の定める適性審査に合格することが必要です。
適性審査とは主に、高校独自のテストによって行われます。
それに合格した後は大学における面接を経て合格します。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 大学受験の説明及び受験において成功するために必要なこと All Rights Reserved.